AtteBeryl(アッテベリル)

岡山県倉敷市で骨格診断とパーソナルカラー診断をしているアッテベリルです。人生を「品良く賢く美しく」乗りこなすために、洋服の力と色の力を使ってみませんか?あなたに似合うスタイルを探すお手伝いを致します!

ブログ 日々のこと

友達と吉方旅行に行ってきた。良い方向はさておいて友達との旅が楽しいことはいいことだ。

投稿日:2018年12月29日 更新日:

先日友達と吉方旅行に行ってきました。


私は吉方はあまりよくわからないのですが、友達が言うには吉方は一人ひとりが違うので普通は吉方旅行は一緒にできないのだけど、私とその彼女は吉方位が同じなんですって!なので一緒に吉方旅行ができるんですって!!これって珍しいらしい。なので数年前から年に一回彼女と旅行に出かけています。(効果のほどはわからないけど彼女は転職成功したし、私も試験に受かったり仕事の面で良いことがあったりしていますよ!)

2018年の吉方は北西だったらしいので行き先は福井に決定!行ったことがなかったので楽しみです。宿だけは押さえたのですがその後は打ち合わせもできず(なぜなら彼女は神戸在住なのであまり会えない)旅行へ突入です。当日の朝新大阪で待ち合わせだったのですが
私「ごめん、新幹線の時刻違ってた(・_・;)」
友「ごめん、準備間に合わなかったので少し遅れる(._.)」
結局、二人とも同じ新幹線で新大阪入りしたのでした。もう波長が一緒(笑)

新大阪からサンダーバードで福井県へ。福井の下調べを全然していなかった私たちは駅からバスが出ていたので永平寺へ。


曹洞宗の大本山なのですね。(宿に入ってから調べました。不勉強にもほどがある)
永平寺には願いが叶うと言われている天井画があります。
りす、青獅子、白獅子、鯉、白い鯉、黒い鯉ですって。

とりあえず写真に収めてきました。何かいいことあるかな〜♪
そのあとは宿に入ってゆっくり温泉に浸かってお料理を堪能。吉方旅行ではその土地の温泉に入ってその土地で採れたもの、作られたものを摂取すると効果倍増なんですって。なので福井のお酒を飲んで蟹をいただきました!立派な蟹だったので中居さんが(蟹をバラす前に)「お写真はいいですか?」と聞いてくださったのですが私たち二人ともカメラもスマホも持ってきてないし!!Σ(゚д゚lll)
私「吉方旅行なのだからこの蟹の写真をお守りに撮るべきだったのでは!?」
友「・・・だよね。私たち詰めが甘いよね」
おしゃべりを楽しんで美味しくいただきましたよ〜(*^。^*)

次の日は恐竜博物館へ!実は私は福井に行くのだから恐竜博物館に行きたい!と思っていたんです。でも友達はあまり恐竜には興味がなさそうなので様子を伺っていました。
私「恐竜博物館って世界の博物館のトップ10にランクインしてたよ〜」
友「ほんと!?行ってみたい!!」
私(心の中でガッツポーズ!!)
私たちの宿はあわら温泉だったので恐竜博物館はちょっと遠い。ので急遽レンタカーを借りて出発です。急流博物館は銀色の卵型ドームでワクワク!(^^)!中は思っていた以上に骨の標本がたくさんで興奮しました。


岡山県にあったら絶対年パス買うなあ。
恐竜博物館の後は近くのお蕎麦やさんでお昼をいただきました。積極的に地のものをいただきます。お蕎麦やさんなのにお客さんがみんなカツ丼を注文するな、と思っていたのですが後で調べたら福井はソースカツ丼が有名なんですね!次に行くときは食べてみようっと。
お蕎麦の後は平泉寺白山神社へ。

これは恐竜博物館においてあるパンフレットで見てあまりにも写真が綺麗だったので行ってみようということになりました(←本当に行き当たりばったりね)
京都にも有名な苔寺がありますが、規模はあそこより大きいと思いました。冬のせいか観光客はそんなにいなくて、しんっとした空気がとても清々しかったです。

道の駅に寄ったり羽二重餅の工場に寄ったりと寄り道をしながら福井駅に到着。帰りの切符を取っていなかったので取りに行ったらみどりの窓口が長蛇の列でちょっと焦りました。結局並びで席は取れなかったのですが(←計画はお早めに!ですね)通路を挟んで取れたのでやれやれです。総括すると楽しい旅でした。次はせめて帰りの切符は押さえておこうと大阪駅で解散しました。来年もどこに行くのか楽しみです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
  • この記事を書いた人

もり やよい

オータムのストレートです。岡山県倉敷市で、骨格スタイル診断+パーソナルカラー診断にて、その方の魅力を引き出し、本当に似合うスタイルを提案するパーソナルスタイリストとして活動しています。⇒サービス案内

-ブログ, 日々のこと

Copyright© AtteBeryl(アッテベリル) , 2019 All Rights Reserved.