ブログ 雑感

マナーは人を不快にさせない暗黙のルール。目指せ美しい人。

先日、夫とカジュアルな洋食屋さんへ食事に行きました。こじんまりしたお店でテーブルとテーブルの間も体を横にしてやっと通れるくらいです。二人掛けのテーブルが壁際に並んでいて、壁際の椅子がソファータイプで一列繋がっています。電車の横一列のシートの前に二人掛けのテーブルを置いていったと想像してみてください。私はソファー席に座りました。人気のお店なのですぐに隣の席にもお客さんがやってきました。二人連れの若い女の子で二人ともお化粧もきちんとしていてとても可愛らしくおしゃれさんでした。

程なく私たちの席に料理が運ばれてきたので楽しく食事をしていました。隣の席にも前菜などが運ばれてきています。女の子たちも楽しそうにおしゃべりをしていたのですが。突然、私の隣に座った子が靴を脱いで足の裏を私の方に向けるように横坐りを始めたのです!!Σ( ̄ロ ̄|||)

ソファーが繋がったような席なので横座りもできてしまうのですが、ここは座敷でも、靴を脱いで上がるお店でもありません。ファミレウのようなボックス席ならまだいいでしょうが、すぐ隣には人がいます。びっくりして思わずガン見してしまってふと夫を見ると夫もガン見していました。とても不快でした。美味しいものを食べて、楽しい気分でいたのに一気に不愉快になりました。食事も食べる気が失せてしまいました。

女の子たちは私たちがそんな気分になったことを知るわけもなく楽しそうに食事を続けています。もしここが靴を脱いで上がるタイプの場所だったら足の裏が見えるのは当然のことと思ってこんなに不快にならなかったと思います。しかしここは椅子に座って食事を楽しむ場所です。不意打ちの足の裏は予想だにしていなかった攻撃なのでかなりのダメージを受けました。新幹線で隣の人が靴を脱いだらぎょっとしますよね。それと同じで、脱ぐべき場所ではないからです。

注意をするかどうかかなり迷ったのですが、どう注意していいかわからず食事も終わりかけだったので残りを急いで食べ終わるとそのまま席を立ちました。夫もかなり不快だったみたいです。最初は可愛い子だと思ったのに、ちっともそう見えなくなりました。きちんと椅子に座って食べる、それができていたら「隣に座った子が可愛かった」で終わったのに。

マナーというものはちょっと堅苦しく面倒な時がありますね。それを破ったからといって命の危険にさらされる、逮捕されるということもあまりないです。ただその場所に居合わせた人をとんでもなく不快にさせる危険があります。マナーが悪いとどんなに綺麗なドレスを着ていても、どんなに完璧な美人でも、どんなイケメンだろうとも途端に色褪せて見えてしまいます。マナーとは周りの人を思いやる気持ちだと思うんです。私も時々、自分勝手な解釈をしてしまうことがあるのですが、周りの人が気持ちよく過ごせるように気を配れる人になりたいな、と思いました。

  • この記事を書いた人

もり やよい

オータムのストレートです。顔タイプはフレッシュです。岡山県倉敷市で、顔タイプ診断+骨格診断+パーソナルカラー診断にて、その方の魅力を引き出し、本当に似合うスタイルを提案するパーソナルスタイリストとして活動しています。

2020/08/22
私用により、しばらくの間、サービスの提供をお休みさせて頂きます。予約を再開しましたら、改めてご案内します。

-ブログ, 雑感

© 2020 AtteBeryl(アッテベリル)